貧血を改善する食事について

貧血を改善するには薬、食事療法や輸血などの方法がありますが、今日はその副作用なし、一番便利な食事療法を紹介します。
まずは貧血改善する食事療法の食材を紹介します。
ピーナッツ:漢方医はピーナッツには胃と脾臓を調和し、血液作りを促進、高血圧や脂肪率を低下する効用があります。西洋医はピーナッツの外側の赤い皮には蛋白繊維の溶けを抑え、血中の血小板の数を増加し、血小板の質を改善し、毛細血管の収縮機能を強化し、脊髄の血を生み出す働きを促進します。特に出血や出血により貧血、再生不良性貧血などに効果があると言われています。
ピーナッツの貧血食事療法:
1.パーナッツ棗スープ:ピーナッツ120g、棗30g、水で煮て、そのスープを飲み、ピーナッツと棗を食べる。このスープは脾臓を強め、貧血や血小板減少による紫色の斑、血友病等の出血に効果があります。
2.ピーナッツ赤豆スープ:ピーナッツ、赤豆、棗60gずつで水で煮る。一日何回でもそのスープを飲み、食材を食べることができます。このスープにはビタミンB1を豊富に含み、胃や脾臓に強める効用もあります。
3.豬血スープ:豬血にはビタミンB2、ビタミンC、タンパク質などが含まれ、美容にも貧血予防にもいいそうです。
上記以外には食事療法はたくさんありますが、次回にまた紹介します。