「未分類」カテゴリーアーカイブ

二日酔いは日常生活で予防できる方法

二日酔いは、アルコールを代謝する過程で出る有害物質、アセトアルデヒドが血液中に残留していることが原因で起こります。基本は、夜中に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。二日酔いを起こて苦しですよね。では、ここで二日酔いを予防する方法をご紹介します。

お酒を飲む前に肝機能を高める食品やサプリメントをとる

ウコンを含むサプリメントやタウリンを含む栄養ドリンク剤などを飲酒前に摂って、胆汁の分泌を盛んにし、アルコールの代謝機能を高めるといわれています。それに、たんぱく質にも肝機能を活性化させる効果があるから、牛乳などの乳製品を事前にとると二日酔い予防に役立ちます。

二日酔いを防ぐおつまみを一緒に食べる

枝豆やじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれ、悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。また、おくらや長いも、なめこなどのネバネバ食材には胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれています。その他、アセトアルデヒドの分解をサポートする梅や、肝機能を強化するしじみやゴマも二日酔いの予防に有効な食材といわれています。

水分を補給する

肝臓でアルコールを代謝するときには水が必要です。二日酔いの頭痛は脱水症状などが原因で起こります。そのためアルコールを大量にとりすぎたときに、十分な水分補給が重要です。でも、水分だけを補給しても尿として排泄されるため、水分を体に保持する適量の塩分と一緒にとるようにします。

お腹にカイロを貼る

東洋医学のお灸と同じ効果で、肝臓の辺りを温めると肝機能が高まり、翌朝の二日酔い予防に役立つといわれています。お酒を飲んでいる時、もしくは飲んで帰宅するまでの間に、使い捨てカイロをお腹に当てて肝臓の辺りを温めてあげましょう。

適量を心がけて飲む

適量を知り、それを超える量やペースにならないよう、気をつけて飲むことが、二日酔いのなによりの予防法になります。