二日酔いの対策~二日酔い防止薬編

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態です。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。例えば、脱水、吐き気、身体疲労(だるさ)、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状が出るので、朝目覚めた瞬間に気づきます。

二日酔い防止に対して、食べ物と二日酔い防止薬などがあります。
お酢が二日酔いに良いというのは少し意外ですが、お酢に含まれる酢酸には肝臓をサポートする作用があるので、肝臓の働きを高める効果が期待できます。お酒を飲んだ後に大さじ1杯のお酢を飲んでも良いですし、飲む前にお水やお湯で割ったお酢を飲めば肝機能が向上し、二日酔い対策にもなります。

枝豆が特に豊富に含まれているのが、ビタミンCとビタミンAです。ビタミンCには、アルコールの代謝を促進させて、悪酔い、二日酔いを防ぐ作用があります。

二日酔いにはしじみが効くと聞いたことがある人もいることでしょう。しじみに含まれているオルニチンや味噌に含まれているグルタミン酸といったアミノ酸は、肝臓でのアルコール分解をサポートします。

二日酔い防止薬はドリンク剤、錠剤、食べ物、飲み物など実に様々な種類があります。以下は二日酔い防止薬を代表とするものです。

スパイスのウコン(ターメリックともいう)に含まれるクルクミンの肝機能促進効果が期待できるそうです。ちなみにターメリックはカレーなんかのスパイスに使われているので、二日酔いのときにカレー食べたくなるっていうのは非常に合理的というか、体が欲している結果だと思います。

シミ・そばかす改善のための薬ですが、二日酔いにも効果があります。この二日酔い防止薬の成分であるL-システインは肝臓の解毒作用を高める効果があるため、前身であるハイチオールから二日酔いに効くと言われていた薬なのです。肝臓の解毒作用による「メラニン生成の抑制し肌の新陳代謝を活発にさせる」 という成果にスポットを女性にアピールすることでハイチオールCは人気商品となったのです。

ヘパリーゼEXは飲み会が続く、胃腸が疲れている方に向ける二日酔い防止薬です。天然な良質レーバーを消化吸収しやすいように分解した肝臓水解物と滋養強壮効果を発揮するゴミシエキスが肝臓に作用があります。さらにカンゾウエキス末とリョウタン末が胃腸の調子を改善できます。だるい疲労感や、慢性的な胃腸症状にアプローチします。